論文


培養ラット肝癌細胞の高好気性解糖:ミトコンドリアヘキソキナーゼの役割

Ernesto Bustamante & Peter L. Pedersen / 1977 / Biochemistry


腫瘍ミトコンドリアと癌細胞の生体エネルギー学

Peter L. Pedersen / 1978


肝癌ミトコンドリアにおけるヘキソキナーゼ受容体複合体:N、N 'からの証拠
-ジシクロヘキシルカルボジイミド-細孔形成タンパク質VDACの関与に関する標識研究?

Richard A. Nakashima/ 1986 / Biochemistry


肝臓癌のウサギVX2腫瘍モデルにおけるグルコース異化:特性化とヘキソキナーゼの標的化

Ko YH, Peter L. Pedersen, J.F. Geschwind/ 2001 / Cancer Letters


肝癌の新規治療:ATP産生の強力な阻害剤の直接動脈内注入

Geschwind J-FH, Ko YH, Torbenson MS, Magee C. Pedersen PL. / 2002 / CANCER RESEARCH


3-ブロモピルビン酸塩(3BP)は、実験室からベッドサイドに移動する、速効性、有望、強力、特異的、かつ効果的な「小分子」抗癌剤:特別な問題の紹介

Peter L. Pedersen / 2012 / Journal of Bioenergetics and Biomembranes (Springer)


A Translational Study "Case Report" on the Small Molecule "Energy Blocker" 3BP as a Potent Anticancer Agent: From Bench Side to Bedside.

Ko, YH / 2012 / Journal of bioenergetics and biomembranes


エネルギー遮断薬のブロモピルビン酸とロニダミンは、GL15膠芽腫細胞を異なるp53依存性経路で死に至らしめる

Magdalena Davidescu /2015 / Nature Scientific Reports


HK2依存性の「ワールブルグ効果」と癌におけるミトコンドリアの酸化的リン酸化:3-ブロモピルビン酸による効果的な治療のターゲット

Paweł Lis , Mariusz Dylag , Katarzyna Niedzwiecka ,
Young Hee Ko, Peter L. Pedersen, Andre Goffeau
and Stanisław Ułaszewski / 2016 / Molecules


ミトコンドリア結合II型ヘキソキナーゼ:多くの癌の成長と生存の主要なプレーヤーであり、治療的介入の理想的な見通し

Peter L. Pedersen, Saroj Mathupala, Annette Rempel,
J.F. Geschwind, Young Hee Ko / 2002 /Biochimica
et Biophysica Acta

サードパーティを含む

がんの種類 試験管内で 生体内
Buijs et al。 2013
劉ら2009年
Verhoevenとvan Griensven 2012
Birsoy et al。 2013
Queiros et al。 2012
Cardaci et al。 2012
タンガラジュら2009年
マウス
ねずみ
Birsoy et al。 2013
Buijs et al。 2009年
Buijs et al。 2013
ウーら2014年
頸部
Cardaci et al。 2012
大腸
Chen et al。 2009年
ユン他2009年
Ihrlund et al。 2008年
周他2012
サンチェスアラゴとクエズバ2011
子宮内膜
バーン他2014年
マウス
バーン他2014年
マウス
Xian et al.2014
膠芽腫
Davidescu et al。 2012
Macchioni et al。 2011年
El Sayed et al。 2012b
ウィックス他2015年
El Sayed et al。 2012c
ねずみ
ウィックス他2015年
Ganapathy-Kanniappan et al。 2010a
Ganapathy-Kanniappan et al。 2012
ペレイラ・ダ・シルバ他2009年
ゆうら2011
Gong et al。 2014年
キム他2008年
ロドリゲスフェレイラ等。 2012
マウス
ねずみ
ウサギ
Ganapathy-Kanniappan et al。 2012
Gong et al。 2014年
コら。 2004年
Geschwind et al。 2002
キム他2007年
Vossen et al。 2008年
ゆうら2012
腎臓
Nilsson et al。 2015年
白血病
Chen et al。 2009年
Hulleman et al。 2009年
Verhoevenとvan Griensven 2012
張ら。 2012
マウス
張ら。 2012
リンパ腫
Chen et al。 2009年
Schaefer et al。 2012
マウス
Schaefer et al。 2012
黒色腫
秦ら2010
Verhoevenとvan Griensven 2012
中皮
Icard et al。 2012
マウス
Icard et al。 2012
骨髄腫/
骨髄性
白血病
カルビンら2014年
マイコフスカ=シュロベック他2014年
中野ほか2012
神経芽細胞腫
Matsushita et al. 2012
卵巣がん
ウィンツェル他2012
膵臓
Bhardwaj et al。 2010
Xiao et al。 2013
Chapiro et al。 2014年
太田ほか2013
マウス
鶏の卵
曹他2008年
Isayev et al。 2014年
Isayev et al。 2014年
Chapiro et al。 2014年
太田ほか2013
前立腺がん
Cardaci et al。 2012
扁平上皮癌
松本ほか2013
マウス
松本ほか2013