Ko博士は、さまざまな大学で、独立した機関として研究を行ってきました

ペダーソン教授(左)

コ博士(中)

ジェームズ・デューイ・ワトソン(右)

1962ノーベル生理学生理学賞。
1956-1976アメリカ、ハーバード大学生物学教授
1953-1955カリフォルニア工科大学生物学部主任研究員

理学修士号としての研究
-アイオワ州立大学、エイムズ、アイオワ
コレステロール代謝と適切な栄養の研究、すなわち食品中のコレステロール低減法への貢献。

博士前期課程の学生としての研究
-ワシントン州立大学、プルマン、ワシントン
酵素(イソクエン酸リアーゼ)機能の基本的な理解への貢献は、細菌および寄生虫感染症の潜在的な治療オプションにつながった。

博士研究員としての研究
-ジョンズホプキンス大学、メリーランド州ボルチモア
-遺伝病、嚢胞性線維症、およびタンパク質の誤った折りたたみの病気に対する潜在的な治療法の分子的理解への貢献。
-ミトコンドリア膜タンパク質の生体エネルギー論への貢献:哺乳類のミトコンドリアから「ATPシンサソーム」と呼ばれる膜タンパク質の発見と精製。これは、多くの代謝および生理学的プロセスに燃料を供給するのに必要なエネルギーを提供する酵素であり、癌治療の重要な標的です。

助教としての研究
-ジョンズホプキンス大学、メリーランド州ボルチモア
強力で選択的な抗がん剤として、3-ブロモピルビン酸(3BP)と呼ばれる小分子の発見。

独立した研究とグローバルなコラボレーション
-ドイツ、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、オランダ、韓国
ベンチサイドの発見をベッドサイド療法に取り入れることによるトランスレーショナルリサーチ。有効性のある抗癌剤としての3BPの原理証明が満たされました。さらに、他の独立した研究には、他の機能不全の状態を治療するためのいくつかの代謝産物、タンパク質/ペプチド、および天然源からの化合物の調査が含まれます。